えーがみっくす > 映画情報総合 > ぴあ映画生活 > 映画『8月の家族たち』を日本の大女優たちが絶賛

映画『8月の家族たち』を日本の大女優たちが絶賛

公開日:
本作は、父親の失踪を聞き、離れ離れに暮していた三姉妹が再び顔を合わせたことを機に、闘病中で強烈な個性をもつ母、姉妹それぞれの配偶者・恋人を巻き込んで、それまで隠されていた/隠していた秘密が次々に明るみに出るさまを描いた家族ドラマ。ストリープ、ロバーツのほかにもユアン・マクレガー、クリス・クーパー、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイスらが出演している。

本作を観賞した加賀まりこは「家族に見返りを求めない。老いていくことは孤独を引き受ける覚悟が必要だ。この映画に教わりました」と言い、長山藍子は「脚本も演出も演技も その濃密な完成度に観終って暫く言葉を失いました。『すごい!!』人が生きるということを実にプリミティブに投げかけている。ほんとうにすごい映画です」とコメント。一路真輝は「まるで、ドキュメンタリーを見ている感覚、演じる全ての人が、演技を超えた、リアリティーの中に居る!!心が震える映画に久しぶり出会えた」、中田喜子は「完璧に役を作り上げるメリルの演技に、不安と苛立ちの世界に引きこまれた。辛辣な母親と、突然の父親の失踪に集まった娘や親戚たち。隠しもった苛立ちを見事に描いていた」と感想を寄せている。

『8月の家族たち』
4月18日(金) TOHOシネマズシャンテほか ロードショー

【関連リンク】
『8月の家族たち』作品情報

【チケット情報】
8月の家族たち/全国券

[関連情報]
8月の家族たち@ぴあ映画生活

ぴあ映画生活の新着情報

新着情報


ジャンルから記事を探す