えーがみっくす > 映画情報総合 > シネマトゥデイ > 愛の行為の美しさを3Dで…「ポルノ映画ではない」鬼才ギャスパー・ノエが断言

愛の行為の美しさを3Dで…「ポルノ映画ではない」鬼才ギャスパー・ノエが断言

公開日:
映画『アレックス』や『エンター・ザ・ボイド』など衝撃的な作品を生み出してきた鬼才ギャスパー・ノエ監督が、3Dで愛を描いた最新作『LOVE【3D】』を引っ提げ来日し、本作の見どころなどを語りつつ、日本では性描写のシーンにぼかしが入ってしまうことでポルノ映画とみなされてしまうことを嘆いた。 ... 続きを読む

シネマトゥデイの新着情報

新着情報


ジャンルから記事を探す